メニューブックの戦略的活用

飲食店として、商品力・雰囲気・接客・割安感 は、絶対にはずす事のできない、大切な要素です。しかし、お店の努力がお客様にメッセージとして、届かなければ何の意味も持ちません。

販売促進は、メニュー・チラシ・ファサード、そして従業員の皆さんのトークなど、あらゆる手段を通じてお客様のご来店を願う手段なのです。

メニューブックの考え方

  • メニューブックは店側からお客様へのメッセージを伝えるための最も効果的な販促ツールと考えられます。
  • どれだけのメッセージを盛り込めるかによって、客単価も変わってきます。
  • 売れ筋商品も変わり、構成比にも大きく影響を与えます。
  • 次回来店への期待感を盛り込むことによって再来店販促にも発展していきます。

よって売り上げをも左右する重要な販促ツールと考えることが出来ます。お店の計画・目標数値を実現させるために戦略的に活用しましょう。


目次

  • 戦略的メニューブックとは

    イワサキ・ビーアイが提案する~お店の計画を達成させるための販促ツール~「戦略的メニューブックについて、ご説明します。

    続きを読む

  • メニューブックの基礎知識

    メニューブックには、「体裁」「デザイン」「構成」「コピー」 を立案する「基本設計」と、掲載するメニュー内容(マスター・機能別・時系別メニュー)を整理し体系立てる「メニュー分類」があります。ここでは、メニューブックの基本設計をご説明します。

    続きを読む

  • メニューブック作りの注意点

    見やすいメニューブックにする為に は、いくつか注意する点があります。これからメニューブックを準備する際に注意すべき点をご説明します。

    続きを読む

次のページへ