すぐに使える販促サービス

お年玉のポチ袋に割引券

繁忙期の年末シーズン、そこで集まったお客を来年のリピート利用へとつなげる…というふうに販促は先を見越した戦略が欠かせない。 そこでよくあるのが、忘年会の利用客全員に次回来店を誘う割引券を配る販促だが、このやり方も、お客へ [...]

続きを読む

プラス「塩」の持ち帰り

揚げ物をソースや醤油で食べるのではなく、塩で味わう食べ方が広く知られるようになってきた。 ここに注目し、持ち帰りの弁当に塩を付けて差別化した店がある。差別化を強調するために塩は天然塩を使用。沖縄の塩や瀬戸の塩などをつける [...]

続きを読む

デコ♥メニューブック!

ファミリーに大人気のディズニーランド。その人気の秘密は、派手なアトラクションやショーの面白さだけではない。スタッフのユニフォームやディスプレイなどの細部まで、お客をワクワクさせる配慮が行き届いているからだ。 飲食店でも、 [...]

続きを読む

売れ数10食UPのタペストリー

ランチのお客は、夜と違って食べる料理や行く店を決めていないケースが多い。そこで、時間がない中で素早く料理や店を決めたい、というフリ客の心理にアピールすることが、ランチタイムの店頭アピールのポイントになる。 例えば、都心の [...]

続きを読む

バースデーソングのプレゼント

地方都市のロードサイドにあるカフェレストランでは、お客が感激するプレゼントでファンを増やしている。 それは、同店が企画している「誕生日コース」のプランで、コース(1500円より)を申し込んだお客に、スタッフからのバースデ [...]

続きを読む

「雨の日」はタクシー代を割り引く

郊外のあるレストランでは、雨の日に来店したお客のタクシー代の一部(ワンメーター分)を、会計から割引する販促を実施。タクシーの領収証を会計時に見せれば、ワンメーター分を割引という取り組みで、雨の日の客数を増やすことに成功し [...]

続きを読む

魅力ある“オプション”で客単価アップ

外食でも、お客が節約志向を強める中にあっては、客単価アップを図ることはなかなか難しい。既存のメニューの値上げや高単価商品の投入も考えられるが、よほど商品に魅力がないと客離れを招いてしまいかねない。そこで、注目したいのが、 [...]

続きを読む

“お持ち帰り歓迎”のメニューブック

メニューブックはある程度のコストをかけて作るので、断りもなく持ち帰りされると困る。だが発想を変えれば、メニューブックはそれ自体を強力な販促ツールとして活用することができる。 住宅街のある焼肉店では、こんなメニューブックを [...]

続きを読む

“人気ベスト10”ランキングで誘う

人気メニューを店頭で紹介するアピールは一般的だが、いま風のビジュアル的なアピールで成果を上げている居酒屋がある。 この店は地下に店舗があり、そのハンデをカバーするため、メニューの“ベスト10”を写真つきで紹介するPOPを [...]

続きを読む

「ぬり絵」を展示して子供が大喜び

家族客向けの販促を考える際は、子供客への配慮が大切だ。 例えば5~6歳までの小さな子供は、料理が出て来るまでの待ち時間に、なかなかじっとしていられない。そこで、子どもの気がまぎれるサービスを施せば、親にも「小さな子どもに [...]

続きを読む
ページ 1 / 1412345»10...Last »