すぐに使える販促サービス

雨の日はスタンプ2倍押し!

ポイントカードの販促は、常連客の利用を高める上で有効だが、単に来店ごとに1ポイント貯まるだけでは他店との差別化になりにくい。 そこである店では、普段から行なっているスタンプカードの販促を、「雨の日サービス」としても活用。 [...]

続きを読む

好評の持ち帰り用炒飯

ちょっとした工夫で持ち帰り用の炒飯の売上を伸ばした店がある。 その工夫とは、炒める油をサラダ油からオリーブ油に変えたこと。オリーブ油だと、冷めても食べた後に胃が重くならない。原価は10円上がったが、半年で売れ数は3割伸び [...]

続きを読む

移動式メニュー黒板を大活用

新作メニューや季節のおすすめ品などは、通常の定番商品のメニューブックとは別に、差し込みのメニュー表や黒板書き、POPなどでアピールする方法がある。これを、さらにインパクトを強める方法はないものだろうか。 そう考えて、郊外 [...]

続きを読む

店頭の“数字マジック”で集客増大

数字は、単位や表し方によって、それを見る側の印象は異なってくる。例えば「タウリン2000ミリグラム」と表示されれば、何かたくさん入っていそうな印象を受ける。しかし、同じ量のはずなのに「タウリン2g」と書けば、何となく少な [...]

続きを読む

ボーリング場とのコラボ企画

美容室、書店、フラワーショップ…。こうした地域の異業種の店舗と協力する飲食店が増えている。例えば、ショップカードをお互いの店に置くことで新しいお客の来店も期待できる。 さらに協力ができそうであれば、期間限定の協同イベント [...]

続きを読む

お年玉のポチ袋に割引券

繁忙期の年末シーズン、そこで集まったお客を来年のリピート利用へとつなげる…というふうに販促は先を見越した戦略が欠かせない。 そこでよくあるのが、忘年会の利用客全員に次回来店を誘う割引券を配る販促だが、このやり方も、お客へ [...]

続きを読む

プラス「塩」の持ち帰り

揚げ物をソースや醤油で食べるのではなく、塩で味わう食べ方が広く知られるようになってきた。 ここに注目し、持ち帰りの弁当に塩を付けて差別化した店がある。差別化を強調するために塩は天然塩を使用。沖縄の塩や瀬戸の塩などをつける [...]

続きを読む

デコ♥メニューブック!

ファミリーに大人気のディズニーランド。その人気の秘密は、派手なアトラクションやショーの面白さだけではない。スタッフのユニフォームやディスプレイなどの細部まで、お客をワクワクさせる配慮が行き届いているからだ。 飲食店でも、 [...]

続きを読む

売れ数10食UPのタペストリー

ランチのお客は、夜と違って食べる料理や行く店を決めていないケースが多い。そこで、時間がない中で素早く料理や店を決めたい、というフリ客の心理にアピールすることが、ランチタイムの店頭アピールのポイントになる。 例えば、都心の [...]

続きを読む

バースデーソングのプレゼント

地方都市のロードサイドにあるカフェレストランでは、お客が感激するプレゼントでファンを増やしている。 それは、同店が企画している「誕生日コース」のプランで、コース(1500円より)を申し込んだお客に、スタッフからのバースデ [...]

続きを読む
ページ 1 / 1412345»10...Last »