食品サンプルの基礎知識

食品サンプルの使い方

効果的な使い方をご説明します。詳しくは、営業員にお尋ね下さい。

食品サンプルの歴史

食品サンプルは、大正末期~昭和初期にかけて日本で生まれました。
百貨店の食堂の流行とともに、洋食文化を大衆に普及させるものにもなりました。

食品サンプルの主原料

現在の食品サンプルのほとんどは樹脂でできています。
以前はロウでできていましたが、ロウは直射日光に弱く耐久性にも問題があるため樹脂に変わってきました。

食品サンプルをよりよく見せるための6つのポイント

サンプルケースは、お店の顔です。照明できちんと明るくしましょう。明るいと目にとまります。

詳しくはこちら

いつも明るく清潔に。また、キレイな食品サンプルを使ってお客様にアピールしましょう。

貸付サービスなら交換可能なプランがあります!

詳しくはこちら

サンプルケースに展示する食品サンプルの量は、少し多いかなと思うくらいが最適です。
店頭で選ぶ楽しさを提供いたします!

貸付サービスなら低コストでたくさんご使用になれます!

詳しくはこちら

角度をつけて、効果的にアピール!料理の中身をわかりやすくするだけではなく、店頭が華やかになります。

詳しくはこちら

小さくてもお店の雰囲気や料理の特徴を伝える大切なツールです。
内容、こだわり、価格などを表示し店頭で安心感を与えます。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

店頭でお店の顔として食品サンプルとともに、雰囲気や活気をアピールします。
ディスプレイ・POPデザインもお任せください。

詳しくはこちら

詳しくはこちら

お問い合わせ