食品サンプルを科学する

食品サンプルを科学する

食品サンプルの集客力を科学と事例で解説!
「食品サンプルを科学する」

【科学編】食品サンプルを科学する

食品サンプルの働きを科学的に分析・検証!

日本の食文化の発展に大きく貢献してきた食品サンプル。

今回は、その歴史や社会背景をなぞりながら、「インフォメーショングラフィックス」、「ユニバーサルデザイン」、「ビジュアルマーチャンダイジング」の3つの観点から科学的に分析!

店頭に食品サンプルがあることで、お客様に対しどんな働きかけができるのか、その効果と理由を探ります。

食品サンプルを科学する3つの視点

【活用編】食品サンプル有効活用術

5つの活用ポイントを押さえて売上アップ!

食品サンプルは、ただ設置するだけではその効果を最大限に発揮することはできません。

そこで、今すぐ簡単にできる活用ポイントを5つにまとめ、サンプルケースを使ってその効果を分かりやすくレクチャー!

食品サンプルをうまく活用して効果を上げた全国の事例にも注目です。

あなたのお店の食品サンプルは、きちんとお仕事できていますか?



元「日経レストラン」編集長が推薦!

  • 食品サンプルは嘘をつかない

    食品サンプルを見て驚いた、感動した、腹を抱えて笑った――こんな経験を持つ人は多いのではないだろうか。日本独自の文化として食品サンプルが誕生して80年。今、その存在価値が見直されてきている。

    キーワードは「嘘をつかない」ということ。

    第一に「お客に対して嘘をつかない」。メニューの量や質、食材や盛り付け、シズル感まで本物そっくりに再現しているので、文字情報だけのメニューブックでは料理が想像できない人や、言葉が通じない外国人にも、ひと目で理解できる。まさに「ユニバーサルデザイン」だ。

    第二は「経営に対して嘘をつかない」ことだ。このDVDにも登場する多くの飲食店関係者が、食品サンプルを導入したことで客数、売上高が上がったことを証言している。投資効果という点で嘘はないのだ。ただ、それには正しい、効果的な使い方がある。それをぜひ学んでみてはいかがだろう。

    加藤 秀雄

    • フードジャーナリスト
      元『日経レストラン』編集長


DVD「食品サンプルを科学する」ダイジェスト版

既に食品サンプルをご利用のお客様

これから食品サンプルを導入をご検討のお客様


DVD「食品サンプルを科学する」をご希望の方は?

お近くの営業所までお気軽にご連絡ください。