食品流通業と食堂業

最後に、飲食業を2つのキーワードで分けてみたいと思います。

食品流通業

概要
単一化したメニュー展開で、一括購入や宣伝広告を統一化することによりスケールメリットを活かすと共に、立地をおさえ、システム的かつ効率的に食品を提供していく事業
立地戦略
業態に合わせて、立地を選ぶ
オペレーション
本部主導
現場店長マニュアル最優先
代表される形態
ファーストフード店やフランチャイズ店

食堂業

概要
店長の持つ能力と料理技術を最大限活用しつつ、お店の持つポテンシャル、そしてお客様であるマーケットとの融合を図り、生業として食を提供する道を究めようとする行為
立地戦略
立地にあわせて、店作りをする
オペレーション
現場店長主導
本部は、支援部隊
代表される形態
一般飲食店

どちらの飲食業も主導権その他においては、差があるものの、下図に示すような、マーケティングから始まるロジックには、変わりはないとされています。

図-儲けるためのロジック

図-儲けるためのロジック

しかし、特に顧客ニーズの多様化がみられる近年、立地に合わせて店作りが重要であると共に、エリアマーケティングとそこにおられるお客様に対する販売促進活動は、繁盛の必須条件となっております。

創業以来80年、飲食店の「繁盛のお手伝い」一筋、是非一度ご相談ください。

前のページへ

次のページへ