話題の「おやじ」会員カード

会員カードも、ちょっとした特徴を持たせることで、話題性を高める方法がある。

例えば、あるとんかつ店では、「おやじさんカード」というユニークな会員カードを用意。その名の通り、“おやじ客”専用の会員カードで、会員資格は、「最近、自分はおやじと自覚したことが一つでもある」「おしぼりで顔を拭いてしまう」といった内容で、お客は誰でも気軽に会員になれる。会員客への特典はちょっとしたサービスだが、ほのぼのとした印象が親しまれ、多くのお客に利用されている。

単なる会員カードに止まらず、お店の親しみやすさを打ち出した例です。「鉄道好き」「文房具マニア」など、店主の趣味の会員カードなどを発行しても面白いかもしれません。そこから会話が生まれ、常連客が増え、愛される店に成長することも可能です。