“お客が作る”サービス券

ある居酒屋では、サービス券を“お客が作れる”ようにして評判を呼んでいる。

やり方はこうだ。この店では「ビール100円」、「サラダの野菜1品増量」、「ソフトドリンク無料」などの特典が書かれたスタンプを、それぞれ5種類作った。店があらかじめ用意したカード(サービスの利用期限やルールなどを書いてある)にスタンプを押してサービス券を完成させる。どのスタンプを押すかをお客が選べるようにしたのだ。

このスタンプは、日替わりランチを注文した場合に押せるので、日替わりランチの売れ数も伸び、ランチタイムの調理も効率よくなったという。また、お通し増量などの夜の時間に喜ばれるサービスも用意して、ランチに来店したお客を夜の時間帯も利用してもらうことに成功した。

お客の好みや利用動機によって特典を選べるようにすれば、サービス券の回収は高まり、再来店が期待できるのが、この販促のポイントです。実施する際は、どんな特典がお客の利用を促すか、自店の客層をよく研究して取り入れましょう。