酒席を盛り上げる「オリジナル一升瓶」

宴会客に好評なプレゼント販促として、オリジナルラベルを貼った日本酒をサービスする居酒屋がある。

同店では10名以上の宴会客に、地酒を一升瓶でプレゼントするサービス行なっているが、この瓶に貼るオリジナルラベルが好評なのだ。

ラベルは、パソコンで作成。チラシやPOPの制作ソフトを使い、歓送迎会・お誕生会・結婚式二次会…など、宴会の趣旨に合わせて様々なパターンのものを用意する。宴会の主賓の名前やオリジナルのメッセージも、お客の要望があれば入れられる。

このプレゼントは、宴会開始後30分ほどたって、酒席が盛り上がった頃を見計らって行なう。ラベルに関しては幹事以外には何も説明しないため、途中で気づいて大賑わいとなる。特に、ラベルに名前が入った主賓は大いに感動し、ラベルをはがしたり瓶を持ち帰ったりするお客もいるほどだ。

「オリジナルラベル」は、以前からあった販促手段ですが、パソコンやプリンターの普及により、より低コストで素早くできるようになりました。プレゼントの際に、お店のスタッフがお祝いの口上を述べたりすれば、より盛り上がることでしょう。