好評の持ち帰り用炒飯

ちょっとした工夫で持ち帰り用の炒飯の売上を伸ばした店がある。

その工夫とは、炒める油をサラダ油からオリーブ油に変えたこと。オリーブ油だと、冷めても食べた後に胃が重くならない。原価は10円上がったが、半年で売れ数は3割伸びたという。

また、炒飯にあんかけを付けて評判の店もある。あんかけをかけることで、持ち帰ってもアツアツの炒飯が味わえるのが評判を呼んでいる。

テイクアウト商品は、持ち帰って食べることを想定した調理の工夫が大切です。冷たい料理なら、夏場は保冷剤を入れる、といったアイデアもあります。