「雨の日」はタクシー代を割り引く

郊外のあるレストランでは、雨の日に来店したお客のタクシー代の一部(ワンメーター分)を、会計から割引する販促を実施。タクシーの領収証を会計時に見せれば、ワンメーター分を割引という取り組みで、雨の日の客数を増やすことに成功している。

梅雨の季節や、寒い季節で悪天候の日は、駅から離れた立地はより不利になることも。そんな客足の鈍る日をカバーするのに、このサービスは有効だ。

販促の告知は、店内のPOP やDM 等も活用するほか、接客でも伝えると常連客に喜ばれ、話題性も高まります。雨の日にわざわざ来てもらうことへの感謝を、しっかりと示すことを大切にしましょう。