東京ソラマチにて「おいしさのアート展2019」を開催

「おいしさのアート展」~イワサキ・ビーアイ 食品サンプル製作技術コンクール~

食品サンプル最大手、イワサキ・ビーアイが製作コンクールの作品を一般公開

食品サンプル最大手、イワサキ・ビーアイ(株式会社岩崎、本社:東京都大田区)が2019年8月21日(水)~9月1日(日)の期間、東京スカイツリータウン・ソラマチ®にて、「おいしさのアート展2019」を開催。2019年度社内製作コンクールの作品を展示、一般公開します。

7月に実施された社内での食品サンプル製作コンクールの作品の中から、受賞作品を中心に数十点を展示いたします。

いつもとは違う食品サンプルの表現力とポテンシャルを体感していただければ幸いです。
弊社スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

イベント概要

タイトル 「おいしさのアート展2019」
~イワサキ・ビーアイ 食品サンプル製作コンクール~
会場 東京スカイツリータウン内 東京ソラマチ
イーストヤード4階12番地特設会場
期間 2019年8月21日(水)~9月1日(日)
開場時間 10:00〜21:00
内容 社内審査による受賞作品を中心に、数十点を展示
※8月23日(金)~25日(日)の三日間は会場内にて食品サンプルづくりのワークショップを開催
<ワークショップの概要について>

イワサキ・ビーアイ 食品サンプル製作コンクールについて

技術の向上、開発を目的に1968年(昭和43年)に始まって以来、約50年以上にわたりつづく株式会社岩崎の社内製作コンクールです。

普段は飲食店のオーダーに忠実なものづくりを目指している製作技術者が、唯一「つくりたいものをつくる」ことを許される場として、自由な発想のもと持てる技術と経験のすべてを注ぎ込み、本物と区別のつかない超リアルな作品や、遊び心やユーモアにあふれる作品など、毎回数々の名作を生み出してきました。長年にわたるその活動は多くの新技術や新しい表現方法の発見、新商品の開発へとつながっています。

2019年度のコンクールのテーマは「伝える」。イワサキ・ビーアイに在籍する約70名の食品サンプル製作技術者が、食品サンプルだからこそ伝えられるものを探求して腕を競い合います。