毎日1品だけ激安サービス

2014-06-21 カテゴリ:すぐに使える販促サービス

景気低迷の中にあって、低価格の飲食店が増えている。だが、既存の店が、安易にすべてのメニューを値下げしてしまっては店の利益を圧迫してしまう。上手な方法で、安さを印象づけるサービスを考えたい。
その一つのやり方として、「本日の特価サービス品」といった売り文句で、毎日1品だけ激安価格のメニューを用意する方法がある。

例えば、ある居酒屋では、「本日の目玉商品」という名前で、100円で提供するつまみ料理を、日替わりで毎日1品だけ用意している。1品だけだが、それを店頭の黒板に大きく掲示することで新規客を呼び込むきっかけにし、内容を日替わりにすることで常連客にも好評だ。

また、あるうどん店では、「本日の特価サービス天ぷら」として、ナスやカボチャなどの野菜の天ぷらを、毎日1種類、50円のサービス価格で提供。うどんのトッピングとして追加注文するお客のみの限定の売り方だが、多くのお客が注文する評判メニューになっている。

安さを印象づけるには、用意する商品の価値やクオリティも大事。安くても、商品が魅力がなければ、逆にお客の再来店は望めなくなりますので注意しましょう。

ニュース一覧